FC2ブログ

2019/01/06 東京フェスタレポート

明けましておめでとうございます。

新年一発目のフェスタに出てきました。
握ったのは日単ウィニー
正直全然自信がないままデッキを握ってました。
内容はもう半分うろ覚えだけどつらつら書きます。
■1戦目
相手:花単(シャオラン君さん)
結果:負け
赤名先輩ことシャブ王の臣下、シャオラン君さんとマッチ。
なんでもシャブ王とかシャオラン君さんに負けるとリセラーウォッチにされてシャブ王のアーマーになるらしいですよ。怖いですね。
あまり覚えてないけど、フランと古杜音が仕事してほぼほぼトントンの打点進行、ラストは詰め札になりうる因幡1安藤1が残ってる状態の相手ターンの打点で、安藤は落ちるが因幡が残って残デッキ4。
鈴木で止めてた角谷杏が殴るかどうかを相手が悩む(柚子がいるから1点入る)。
しばらく悩んで殴ってきたのでキャッチして相打ち、柚子1点で落ちる因幡。
ターン貰って詰め択無し、負け。
自分が相手の立場でも殴っただろうとは思うけど、殴られなければ詰めれたのにーとか思ってしまう1戦でした。

■2戦目
相手:花単(ゐどさん)
結果:負け
初手が微妙すぎて先攻右AFゆさりんパンチして(知ってたけど)相手が花なのを確認してから中央にSR秋山置いてエンド。
ゆさりん入れ替われてないし花相手に弱い秋山だしで既にめげそうになる。
ゆさりん前に桃、秋山前に小毬、あと2ハンドAF(クドだったかも)みたいな返し。
ツモったヘルモーズで空き列殴ってそのまま能力、秋山も動かして殴る。
そのままグダグダ盤面構築戦、途中で出した鈴が止まらなかったり、いい感じにイグニスやらDFを引きこみはしたけど最終的に序盤の打点差返されて5枚くらいのビハインド。
DF出来上がって打点出せないままこっちのDFは徐々に削られて行ってそのまま負け。

・ここでドロップするか悩んだけどシングルにもそこまで自信がなかったので続投

■3戦目
相手:宙単
結果:勝ち
先攻でゆさりんアグレで宙見てから入れ替わりつつ蒼。
返しにトール、クレオパトラ。ファッティ型とか久しぶりで焦る。
スイートピーチあったし相打ち上等でクレオパトラ殴ったら素通し、トールにドレイク合わせてエンド。
トールに叢雨丸付けられたので一旦素通し、ドレイクは前でパンチャーにしてイグニスで止める。
相手が防御札引かずにそのまま粛々と打点有利の進行。
終盤酒吞童子が出てきてイグニス無力化されかけて焦るけど稼いでいたデッキ差をそのまま詰め切り勝ち。

■4戦目
相手:月雪FGO
結果:勝ち
相手が初手で2.0フラン、ダヴィンチちゃんだったかな?(ダヴィンチが中央)
フラン列AFにガラティーン、ダヴィンチ列に美砂アンズー合わせてエンド。
フランのパンチだけで追加無しでターン戻って来る。
邪竜の目が多少怖かったけどスイートピーチも砥ぎもおかわりのパンチャーもいたしで雑に殴ったら全通し。ヘルモーズも走らせてエンド。
ダヴィンチがDP下げてアンズー殴ってきたら砥いで、フラン打点でフランの前に鈴木。
後は雑に打点出して20枚ちょい差付けて勝ち。

■5戦目
相手:宙月メルトリリス
結果:負け
2ハンドパンチャー2体エンドだったはず。
相手は沙耶と茉子だったか武蔵だったか。
切られたコスト的に見えてないけど月入ってそうと思いつつX置いてパンチ。キャッチされたからサポ込み相打ちでお互いドロー。
残りの打点で案の定月のカードを見つつ、AF追加して返そうとしたらメルト釣られる。
そのまま沙耶とメルトの打点貰ったらスイートピーチと砥ぎが全部落ちる。
パンプイベント全落ちはさすがに辛く、Xと秋山やアグレで刻むも打点負け。

■6戦目
相手:日月マーリン
結果:勝ち
先攻2体スタート。
返しにDF押田、ソル、ソル列に押田からマーリンだっけか。
ソル列にドレイク置いてフルパン。
そのまま殴り合うもドレイク嫌がって相手は早々にソルがチャンプに回ってたし、こっちはこっちでしっかりX引いてたので、単色・混色の差もあってか徐々に打点差付けていって勝ち。

最終結果3-3でした。
マジで自信がない割に3-3だったって気持ちと、今回のマッチ運的にはもうちょっとやれたのではって気持ちの半々くらいです。

もう次はアイギス環境になっているとは思いますが、頑張りたいと思います。
シングルフェスタにはガスト日持って出てるかと思うけどね、多分。
回し方思い出さないと・・・

ではではノシ
スポンサーサイト

11/25 リセGP2018 エリア決勝大阪レポート

どうも、真那希です。
大阪まで遠征してエリア決勝に出てきました。

使用デッキはウィニー軸の日単
花単相手の相性が絶望的で、個人的には「デッキ置いた時点で負け」みたいな感想を抱いてます。
ですが花単以外のデッキには(多少引きの要求値が高めになったりもするけど)五分が取れるデッキだと思ってます。
正直なところ移動日単の方が強いとは思ってるのですが、何度握っても移動日単が手に馴染まなかったので「花単踏まなければ何とかなる!」とウィニー日単にしました。
今のリセはトップメタが花単の環境だと思ってるので「花単踏まない」なんてかなり薄いところなのは理解してるけど、握り慣れない自信のないデッキを握って後悔するくらいなら「自分のデッキ」を握って華々しく散ろうって気持ちも少なからずあった。

☆1戦目
相手:宙単(ゆきねこさん)
先手(?):負け
川崎でやれ
なぜ大阪まで来てしょっぱなから知り合いと当たってんだよ!
先攻で中央蒼、右にユイでエンドだったかな?
AFに会長沙耶、ユイの列にSRみほで返される。
ユイの後ろにヒロインX追加してパンチ、スルーされるけど相手のハンド0なので卒業はしない。
会長でドローされてまたハンド消費されるのが嫌だったのでペパロニを会長の前に立ててエンド。
案の定相手のハンド2が消費されずにターンが来たからユイパンチ、今度はキャッチされたからサポって相打ち。
そこからペパロニを沙耶に当てつつ軽量AFで刻んでトントン~微有利くらいの進行。
しかし途中で智代茉子を出されてしまいかなりキツい。引きが良くて茉子は即落とせたものの打点としては1ターンビタ止まりしてしまう。
そこで気持ち勝ってた分を巻き返されて最後はほぼほぼ同値で、こっちのフルチャンプで生き残れば勝ちだったけどグラムグラムからの沙耶サイステで詰められ。試合中ちょくちょく相手のハンド枯らしてたからグラムグラム握ってない読み(というか祈り)してたんだけどなぁ。
総じて序盤の選択ミスだったなぁという感想。
ペパロニを脳死で沙耶に当てるのではなく、相手のハンドも加味して会長に当てる択や、もしくは序盤で一度古杜音を引き込んでたのでその辺を使って相手のドローを極力封じるべきでした。
せっかく積んだ嫁枠を信じ切れずにコストに切った後悔と、それがプレミだったかも知れないというとても苦い試合になりました。

☆2戦目
相手:4色輪廻(海栗さん)
先手:勝ち
ビックリしたけど楽しかった試合。
マリガン後のハンドが微妙すぎて渋い顔してた。AFに置けそうなのがゆさりん(美砂がない)、アペシュ、SR観鈴の3枚しかない。アペシュは相手の色分からないのに下手に置くと超絶裏目るから置きづらい。観鈴単騎も正直かなり弱い。
仕方なしにゆさりん出してアグレパンチして相手の色を見に行く、友利奈緒とSRエリナが落ちる。
「月日かー・・・あれ?リーダー居るとか言われてないぞ?マーリンなし月日ってあるの?全く分からん!」
色を見ても分からん事に動揺しつつも月と日なら裏目はないだろうってアペシュ追加してエンド。
返しの相手「常陸茉子登場、柚咲の前にリース登場、エンドします。」
俺「月日かーって言った直後に宙と雪を出されたんだが?????????」
まさかの4色見えて動揺どころか混乱する。
宙で切られたのが大学選抜のアズミだったので「大学選抜輪廻の宙も日も入れる版って話をどっかで聞いたような気がする・・・?」と不安に思いながら念のため輪廻をケアしながら立ち回る。
ウィニーで茉子は辛いのでスイートピーチで処しに行くも、神姫との出会いで酒吞童子釣られてサポートで一方取られる。そんなカードまであるんかー!?
酒吞はとりあえずペパロニで誘って砥ぎで速攻処す。その後もハンドは極力残しつつ茉子を牽制できる盤面・軽量パンチャーで攻め立てて、最後の最後で相手がどうしようもなくなって輪廻で流してくる。相手のハンド枚数的に詰めはないと踏んで残りの4ハンド投げてAF2体展開、案の定相手に詰めがなくて勝ち。
リセにはまだまだ知らないデッキがあるんだなぁ…

☆3戦目
相手:花単(朝霧さん)
後手(?):負け
なんで大阪まで来てまた知り合いと当たってんだよ!
しかも花単だし・・・。マッチ決まった瞬間負けたと思ってた。
先手で相手AFに2ハンド3点3体エンド。ハイハイ負け負けー!
ゆさりんパンチから美砂、蒼、エリナでエンド。
そのまま打点負けしつつ進行、パンチは通らないしAF死なない、DF立てて相打ち取っても渚で回復される流れが出来て完全に負けルートが始まる。
でも途中でP安藤を引き込み渚の前にエンゲージで叩きつけて、そこを起点に必死に打点を出していく。
相手がフィズってキャラが出ないのが2度くらい起きてくれたので首の皮1枚繋いだ状態で進行。
ハンドにBC秋山と砥ぎがあったの上で盤面が
相手のDF 早苗      渚    桃
自分のAF ヘルモーズ P安藤  美砂
こんな感じだったので8点出せる詰めルートはあったけど相手の残デッキ14枚から4枚減らす道のりが渚の所為で遠い。
毎ターンDFキャラを引けたのでこっちも延命しつつって感じだったけど、ラストターンの相手のデッキが11枚だったから1枚届かず。
ここで2敗、ファイナル出場は無くなりました。

☆4戦目
相手:輪廻
後手:勝ち
中央朱音単騎エンドにソル、ソル前含めて2ハンドパンチャー2体、朱音前ペパロニで返す。
相手のAF追加が弱く、ペパロニで朱音を延々止めてそのまま数ターン有利進行。
時々月のお姫様でAF相打ち取られたりするが絶えずAFを追加しつつペパロニを合わせ続ける。
その辺で突然輪廻が落ちて月単じゃなかったと焦る。
ただ割とガッツリ打点勝ってたのでちょっと前のめりに動いたら、ハンド使いきった所でペパロニ能力対応輪廻で流される。
ただ相手が輪廻後の3ハンドからキャラなしでエンド、こっちはトップ2ドローから蒼登場。
相手ドローから酒吞出そうとしてたのに何を思ったか蒼前にメリュジーヌに変更。
ターン貰ってドローからキャラ追加できずエンド、相手もドローからエンド。
更にターン貰ってヘルモーズ追加、相手ドローしてから投了。事故ったのかな?

☆5戦目
相手:宙単
忘れた:負け
先攻だったかも。ソル+ウィニーでスタート。返しに沙耶とオダステ。
ソル列相打ち→ソル前登場→沙耶前ペパロニみたいな流れを作ったが途中から毎ターンEX1を引き込み、3ターン連続でペパロニが出せずそのまま殴られ続け負け。
クソヅモしても何とかなるようなルートを取らなかった甘えが敗因かなと。
デッキ的にそういうルートで勝てるのかってのはあるけど、そっちの方が未来があったのは確か。

☆6戦目
相手:輪廻
先手:勝ち
右列ソル観鈴、左列にユイ。返しが友利奈緒登場から飛んでユイの前にSTゴモヨその隣にメルト。
友利奈緒メルトが揃うのは中々マズいのでメルトを処理しにかかる事に。観鈴パンチから退いてソル前に佐々美出してユイをメルトの前に持ってきてパンチ、キャッチしてくれたので相打ち。
ソル前に酒吞出されるもハンド2なので6点叩いてからソル横に井上出してタケノコ1枚消し飛ばしつつにSPを要求する構え。
(今気づいたけどただのSP要因なんだから能力言うの1ターン待っても良かったな・・・)
案の定SP足されるけどそれがリースで「輪廻じゃねーか!!!」ってなる。サポート要求しつつソルが落ちる。
その後も井上横に滑ってチャンプ、佐々美下げてユイ立てて佐々美はチャンプ、ユイはリースと相打ち、2枚目の井上引いてタケノコ2枚目を抜きつつチャンプって感じて酒吞の打点はとことん止めて観鈴と友利奈緒の2点交換を続ける。
AFを追加したら相手が嫌がって輪廻で流される。
友利奈緒の2点を貰いつつAFをリカバって最後はラスト鈴木がご都合に落ちて詰め切り。

と言う訳で最終結果は3-3でした。
「花単踏まなきゃ大丈夫」とかデカい口叩いて、ほんとに運よく花単1回だったのに3-3です。不甲斐ねえ…。
というか3勝が全部輪廻なんですよね。大阪行く前に何度も輪廻に負けてた反省が生きたかなと。
宙相手は五分だと思っていたのに本戦2連敗、その後のフリプでも負けなんでちょっと構築見直します。
花を踏まないって方向では今回が上ブレてた感じあるんで、次の東京ではこうはいかないと思います。そもそも東京フェスタ行けるのか分かってないんですけど。
まぁ今年のファイナルの可能性はほぼほぼ潰えたんで自分の今年のリセは終わりって感じですね。
来年アイギスとかも参戦なんでそっちで頑張ります!
ではではノシ

9/30 リセ東京フェスタレポート

どうも、真那希です。

台風が近づく中フェスタに出てきました。
結果としては4-2の12位。
通常で初の2敗ラインです。(チーム戦の個人4-2、GP併設のシングルで4-2はあった)
初めてスリーブ貰った。うれしい。

握ったのは日単。
https://lycee-tcg.com/d/?d=075045000368
今流行りの移動型ではなく、移動型とウィニー型のハイブリッドみたいな感じ。
デッキがこの形になった理由は「BC学園秋山にブリリアントサマー貼るウィニー面白そうじゃね?」という電波的発想から始まっており、
そのまま日ウィニーwithブリリアント秋山を組んでみたが悪くはないんだがパっとしない。というかブリリアントサマーが邪魔。

ブリリアントサマーの対象が秋山しか入ってないのが問題ということで、移動キャラを少し入れる。

回せば回すほどに「移動キャラつえーな」と移動キャラが増えていく。ついでにブリリアントサマーは減る。

「もうこれ移動日単にすればよくない?」みたいな気分になるが意地を通す。

正直、フェスタ前日まで「これじゃ移動日単の下位互換なのでは?今からでも移動日単にすべきでは?」って悩み続けてましたが、
そんなギリギリに組み替えたところで移動日単の練度が足りない事と、このデッキでなんだかんだ2週間前の川崎ボックス争奪戦で決勝まで行けた事を考えて、そのままこのハイブリッド型の日単を握りました。

各回戦の詳細は以下。

1回戦 雪単 後手 勝ち
相手が愛里寿から寧々サーチして寧々置いてエンド。
雪相手は打点先行だとめぐる安藤秋山で返す。
相手が微妙にどん詰まった様で武部の追加だけだったので、レヴァンテイン追加してオラオラ。
その後レヴァンテインに武部が飛んだり、翁で秋山が処されたりしたけどこちらが2ハンドパンチャーやらヘルモーズを補充し続けて打点を押し付けてく。
ただこっちのリソースが不足し始めて、リースフィアッカやらミョルニルやらでジリジリ追いつかれ始める。
最後はデッキ14枚に因幡も安藤も砥ぎも秋山もヘルモーズもめぐるも残ってるしハンド3枚あるからなんか引くやろって雑なことしたら引けなくて焦ったけど、その引いたイグニスと鈴木をそのままチャンプに立てて相手に詰められなくて勝ち。

2回戦目 宙単(クロネコさん) 後手? 勝ち
相手茉子単騎スタートだったかな?
ガラティーン秋山めぐるとかで返す。
ガラティーンは通るし残りの2ハンドパンチャーに茉子が飛んでくるのをXと秋山でハンドと打点に変換。
相手の会長とお銀は止まんねえからエリナで誤魔化す。
途中で念動茉子でガラティーンが処されるけどその列をヘルモーズで殴りつけてやる。
ヘルモーズアペシュで茉子打ち取ったのにお代わりされたりで悲しみを背負ったりもしたけど、そのまま粛々と打点交換。
最後はガラティーンエリナ華のAF作ってハンド0だけど次ターンでトップからご都合砥ぎで打点足りてるー!勝ち。

3回戦目 日単(砕破ネキ) 後手 勝ち
日ミラー死ぬほど嫌い…
対移動日はソル引かれるとめっちゃキツいからデスカットで対抗した上で、じゃんけんに勝つしかないとか言ってたらじゃんけん負けた。
しかしデスカットの方が決まってたらしく、砕破ネキ苦しそうにエリナ単騎エンド。
こっちは2ハンドパンチャー2体とネロ。ハンドにXエリナ残し。
序盤は押してたけどジリジリ相手の移動キャラ増え始めたりタマモキャット止められなかったりして追いつかれ始める。
最後はギリギリ相手のキノコの射程外からヘルモーズ叩きつけて勝ち。

4回戦 花単 先手 負け
初手が砥ぎ、ペパロニ、ネロ、ヘルモーズ、安藤、エリナ、Xとかでマリガンを悩む。
強いというか「これ相手には欲しい」みたいのが揃っててキープしたいんだけど先手でスタートするにはどのスタートを取っても微妙みたいな感じ。ただマリガンしたら悪化の可能性の方が高いのでキープ。
トップ次第で展開を考えようとしたらX。しょんぼり。仕方なしにヘルモーズ出して相手の色確認。花が見える。花相手にヘルモーズ先置きしちゃった事にしょんぼり。
もう引き返せないのでネロ追加してエンド。
相手が姫杏真姫奈。
そのままこっちの盤面はかみ合わず出せて3点、相手の4~6点が止まらないみたいのを繰り返して、かつ相手の盤面が出来上がってズルズル負け。
花相手の立ち回りが分かり切ってないのと、初手回りの判断の甘さが反省点。

5回戦 BC学園(赤名先輩シャブ王) 先手 負け
BCなのは分かってたから2ハンド2体と秋山スタート
2ハンドダメ3を2体と5/1の4点置かれたはず。
5/1にペパロニ合わせたりしたけど毎ターングルグルエンゲージでバウンスやらDMG下げされ始めて打点負け。

6戦目 日単 後手? 勝ち
相手がネロカルパッチョかなんかだったはず。
なので攻めをウィニー+X、守りをカルパッチョで組み立てていってそのまま押し切り。

というわけで4‐2でした。
ぶっちゃけるとガルパン出てから色々嫌なことがあってリセモチベは下の下で、
引退というかしばらく休止してもいいんじゃないかなーとか本気で考えるレベルだったんですが、
なんだかんだ知り合い達と遊ぶのは楽しいのと、秋山が面白いカードであることだけを頼りに続けてたらいい感じの結果が出せて嬉しい限りです。
まだモチベは取り戻せた訳じゃないんで今後VAが出た後にどうなってるかは分かりませんが、まぁ細々と続けていけたらと思います。

ではではノシ

リセ東京GP(の併設のシングル)レポート

どうも真那希です。

残念ながらGPの権利が取れなかったので、併設のシングル戦に出てきました。
正直もう内容はほぼ覚えてないです(クズ

使用:オーガスト日単
レシピ:https://lycee-tcg.com/d/?d=063118000368

1戦目:神姫宙単
確か先行:勝ち
マリガン後の凪茉理とかスタートだったと思う。返しにバアル+茉理列にアスタロト。
「3:3(茉理いるし実質4:4)交換でもその内鈴木でバアル止まるだろ。オーダーされたらその時考える。」
とか雑なプラン取ったらミカエル出されて結構キツイことに。
案の定バアルが鈴木で止まったのと、古杜音引き込んだのでSP利かせて凪でミカエル列殴りつつ古杜音能力で3:5くらいに抑えつつ、その辺りで大量にアクセス出来た砥ぎで相手の場を削っていく。
古杜音抜けるSP値足してミカエルが古杜音殴ってきたのでそこでも砥ぎ。
ミカエル消えたらさすがに相手の攻め手が止まったのでそのまま凪で押し切り。

2戦目:FGO花単
確か後手:負け
一部で有名(?)な某ビニール袋さん。当たった時点でFGO花読みはしてた。
先手でエリちゃんエンドされたから箱P鈴木と凪かなんかで返した。
案の定中央にケツ姉足される。ケツ姉に古杜音合わせつつ、エリちゃんに鈴木合わせるいい感じの動きが出来たけど、エレナで鈴木が突破される。
との後は古杜音のおかげでケツ姉が置物だったので、エレナに茉理合わせていい感じの進行にしていく。
ただ途中で鈴木お代わりのコストにビラ配り切っちゃって、返しのターンにメディアリリィが沸いて1列突破が困難になったり、ナイチンが沸いて瓦解しかけたけど砥ぎで早々にご退場願ったりする。
相手のトップ女神の加護が強くて途端に押され始める。
最後はお互い6枚で、凪で見る3枚に1枚残ってる朔夜があれば詰めれたんだけどなくて負け。
直接的な敗因ではないだろうけど、花相手にビラを切ったのは判断ミスだったかなという感じ。

3戦目:聖グロ
先行:負け
初手ドローまでして6人鈴木がいた。心折れそうになりながら、P鈴木と箱P鈴木AFに立ててエンド、返しに見える聖グロ。
聖グロ相手にこのAFとか永久に打点出せないんじゃないかと思う。
砥ぎやらビラ配りやらでごまかしごまかしやるも、まぁどうにもならず負け。

4戦目:神姫宙単(リーダー入り)
先行:勝ち
あまり覚えてない(クズ)。
金魚となんか出しつつ凪を抱えてスタート切って、返しにリーダー出さずに相手がハンドガめてるからハデスしてくる読みをする。
金魚がハデスされたら凪出そうと考えてたけど、2枚目の凪が通過したからそれを抱えて思い切って凪も場に出す。(金魚前ハデスで凪が飛ばされる想定)
相手ターン、案の定ハデス登場するが想定外に金魚を処される。
しかし凪で見たトップに金魚がいたのでそのままお代わり。相手が盛大にEX事故起こしてキャラが沸かないとかやっている間に打点を取っていく。
でも終盤は相手が盛り返し始め、ミカエルやらアーサースサノオのファッティ軍団の打点を止めきれず、徐々に追いつかれていく。
最後はまたしても「6枚の中にある朔夜にアクセス出来たら勝ち」という状況。
凪で見る→ない→アタックして金魚サポーター1破棄→金魚能力→あった→トップに朔夜仕込む
でなんとか勝利。

5戦目:オーガスト月雪
確か後攻:勝ち
正直試合終了時の盤面が面白かったことしか覚えてない(
リセコマ警戒でハンド残しつつ凪で打点を刻んでいく。
中盤以降、メルトの回復とアシュリー+特殊登場で徐々に盤面を盛り返される。
攻めは凪、守りはかなででなんとか保たせてたけど正直結構キツい状況になりつつあって、長引いたら負けるのは目に見えたので、金魚やアグレを犠牲にしつつも凪で打点を出し、最終的には凪にハンド(特殊登場)投げさせてかなでで打点を刻み始める。
ラストターンの盤面が
[相手] デッキ2枚、ハンドが3
空き     空き    シンシア
アシュリー フィアッカ 空き

空き     空き    かなで
空き     空き    空き
[自分] デッキ1だか2、ハンドが4

焼け野原。
かなでステップ宣言、対応相手フィアッカ宣言中央DFにリース。アシュリーでかなでDP下げ。
かなでアタックリースキャッチ。相打ち。
ハンドから美琴ちゃん登場。俺「特殊登場あったら負けですねー」ってアタック。
相手「いや、そんなことないっすよ」相手の見せる空転とデッキを指さす手。
相手のデッキ、3枚。
俺「あっ」
まさかの盤面更地で勝ち。

6戦目:オーガスト日単
忘れた:勝ち
こっちは金魚スタート。相手は凪スタート。勝った。
ってのは冗談にしても(あながち大きな要因だとは思うけど)、相手がミラーに慣れてなかったのか事故ってたのかは分からないけど「ミラーでその択は微妙じゃない?」ってのをちょこちょこ取ってくれたのでしっかりマウント取って勝ち。

ってなわけで結果は4-2でした。
また勝ち越せてうれしい。ただ勝てる可能性のあるFGO花と聖グロに負けてるのがすごく悔しい。
本戦の方ではバクさんがオーガスト日単で入賞しててスゲーって思いましたね。
オーガスト環境でずーっとこのデッキを握り続けてて正直「不利なデッキはない」と思ってて、
(Mix月単とかは、理論値で語ると不利だけど、実践値で語れば不利じゃないみたいな?)
なんかそれを体現してくれたみたいな感じがしてすげー嬉しい。ただ惜しむらくは自分でそれを証明してみたかったなー。

もうすぐガルパンの新弾も発売されるし、環境がどうなるか楽しみですね。
俺は次の環境もこのデッキ握ってると思います。

それではノシ

リセ東京フェスタレポート

どうも真那希です。

東京フェスタに出てきました。
結果としてはリセ乙で初の勝ち越しになりました。めっちゃうれしい。
既に忘れかけてるけど、詳細は以下

使用:オーガスト日単
レシピはこ↑こ↓
https://lyc.ee/d058115000368
何故かリシアになってるのは広瀬 柚香のはず。
使った理由は古杜音が可愛いから。以上。

1戦目:Mix月単(とまとさん)
先行:負け
立ちはだかる赤い野菜。
旧の頃は割と高頻度で初戦にとまとさんと当たってボコボコにされるのが多かった印象がある。
先行で茉理凪でスタートした返しに酒吞アシュリーで返される。
この時点で砥ぎを握ってなかったから内心焦る。トップ操作で酒吞の前にSR鈴木を出しつつ露骨にハンド残してエンド。なお砥ぎは持っていない。
その後も砥ぎ握ってる風なブラフで酒吞を止め続けたけどアシュリーが止まらず、フランが追加されたり相手のDFが出来上がり始めたりでじわじわ差がついていく。
とまとさんが委員長のAP上がるの失念してフランを失う珍事もあったけど最後はタケノコで詰め切られ負け。
結局最後まで砥ぎはハンドを通らなかった・・・。まぁ結局酒吞と鈴木は一回もバトルしなかったから握っても握らなくても関係なかったんだけどね?

2戦目:Mix月単
先行:勝ち
初手凪いたけど、凪スタートで勝てた記憶がほとんどない(初戦も凪スタート負けだし)からマリガンする。
結果マリガン後初手は金魚凪なし、2ハン3点なし、翠ちゃんなし。顔面蒼白。
震える手で先行ドローは茉理、そのまま茉理置いてエンド。返しに飛んでくるマシュ酒吞エンド。正直負けたと思った。
苦し紛れスタートに理想的な返しされてどう勝てっちゅうねんって絶望しながらのドローで金魚を引き込み「失望するには早すぎる!」とメンタル回復。
金魚をマシュ前に立ててハンドを調整、トップに翠ちゃんを仕込んで茉理パンチしたら飛んでくる月のお姫様ネロブライド。こっちの配置が左AF茉理、右AF金魚だった為にキャッチから酒吞サポで一方を狙われるがハンドにあったコスプレビラ配りで打開。
ビラ使わされたせいでハンドがSR鈴木とレイチェルとかになって翠ちゃんが出せなくなる。悲しい。
ただこれによって盤面マシュ酒吞のみでハンド1とかいうこっちに有利な状況になる。
酒吞の打点で翠ちゃんだけじゃなくて鈴木も落ちたのでAF配置、こっちのターンでレイチェル仕込んで酒吞を止めつつ打点差をつけにいく。
その流れがハマり、気付けば相手のデッキ10枚、こちら31枚。詰めれるか計算してたら相手が投了。なおトップのP古杜音で砥ぎにアクセス出来てたから詰めれてた。
2ターン目までは生きた心地がしなかったけど気付けば圧勝だった。

3戦目:Mix月単
先行:勝ち
また月単ですか!?!?!?
お互い初手確認で微妙な顔して二人とも「良くはないけど・・・マリガンしたら悪化するタイプなんですよねぇ・・・」
両者マリガンしてハンド見て「悪化したああああ!!!!」
震える手で先行ドロー(本日2度目)
_人人人人_
> 金魚 <
 ̄Y^Y^Y ̄
神はここにいた!!!!
金魚P鈴木、相手は返しにフランミカ。
こっちは落ち物でAP止め、相手は事故ってDF展開遅れ。
終盤は徐々に固まり始めたけど序盤の打点差でのまま勝ち。

4戦目:Mix月単
後攻:勝ち
また月単(ry
正直この辺から疲れててあんまり覚えてない・・・
終盤は、こっちの方がデッキ5枚ちょっと勝ってる状態でお互い盤面が凝り固まって、ドローゴーや相打ちお代わりでターンが進む。
砥ぎで凪滑り込みから茉理朔夜砥ぎで詰めれる状況になったけど、相手のハンド4枚に邪竜があったら止められることに気付いて思い止まる。
・・・けど、タケノコやらなにやら、ハンド握られる方が負け択じゃね?っていう(当たり前の)ことにエンド宣言する前に思い至り、決行。案の定邪竜を握られてたけどそこでタケノコ切らなきゃいけないらしく投了貰う。

5戦目:Mix日単(ひらいtん)
後攻:負け
事故(おわり)
落ち物しか引かなかった。鈴木と翠ちゃんは落ちなかった。以上。
試合通して落ち物じゃないの引いたの、ビラと茉理1枚ずつじゃない?

6戦目:Mix雪月
忘れた(多分先行):負け
序盤にリースで金魚の攻撃止めに来たタイミングがあって、そこでフィアッカの有無でトップに仕込むものを変えられたのに金魚能力使ってから殴るというプレミをする。そのせいでフィアッカを止めるのが遅れてそのフィアッカ分程度の打点さで負けたままズルズル。
落ち物と凪で打点差取り返そうと展開のタイミング見計らってたら月が見えて、急遽輪廻警戒しなきゃて焦った。
途中で見えてるカード的に輪廻ないんじゃないかって思ったんだけど踏ん切りが付かずハンドを使うプランを嫌がって進めた結果。序盤の打点差を返せずに負け。
プレミも判断ミスもある、反省点の多い試合。

7戦目:Mix雪単
多分先行:勝ち
金魚P鈴木スタートして、金魚列に相馬七緒リースで返される。
レイチェルを落として相馬七緒に合わせつつ、凪を出して(フィアッカいない読みで)金魚パンチからリースに能力を言わせる。
フィアッカ出てきた。悲しい。
次ターンにディアボロス出てきて七緒へのAP止めが決壊、まぁアモンいなけりゃ何とかなるだろと思ったらその次のターンにアモンも出てくる。かなり苦しい。
凪金魚で砥ぎにアクセス出来たので、P鈴木でディアボロスを道連れ。ついでにフィアッカの前に翠ちゃんも立ててAP止めを復活させる。
2枚目の砥ぎも来たのでアモン列のDFにみことんを立てて、サポを要求しつつ打ち取ることにも成功。
こちらは凪、相手はミョルニル手裏剣やギルドオーダーで打点を取っていく。
最後は相手がリース能力じゃなく一方落ちのミョルニル1点をしてきたので柚香が落ちてオダチェンで詰め。
実はアモンディアボロスとの対戦経験が少なくてめっちゃ頭を悩ませながら試合してた。
あと相馬七緒とかいうカード、今まで気にしてなかったけど結構強い・・・。


というわけで結果は4-3。ついに勝ち越しが叶いました。
ここ最近目標にしてきたことが出来たので次は2敗ライン、果ては壇上を目指してみたいと思います。

では。
プロフィール

真那希

Author:真那希
バストサイズ89のキャラに弱いことに定評のあるオタク。
最近はもっぱらリセとEXVS2ばかり。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
はつドラ合同バナーキャンペーン開催中 『プリズマティックプリンセス☆ユニゾンスターズ』応援中 『プリズマティックプリンセス☆ユニゾンスターズ』応援中 『シキガミ』を応援しています!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる